方位の吉凶を調べる為に使われていた九星気学

現在ある九星気学とは、生まれた年・月・日の位置や干支、五行を組み合わせた占い方法の一つです。 方位の吉凶を調べるために使われることが相性でも多いと言われています。 江戸時代には家相などにも方位術として使われていました。 明治42年に園田真次郎が気学としてまとめたものとそれ以前からあった情報をあわせて九星気学と総称されるようになりました。 無料の調べ方は基本的な考え方では、生年月日で確実に決まった法則で方位を巡回することになっています。

九星気学は一と十二支で占うのが特徴です

そこで、生年月日によって定まるタイプと十二支を使って占っていきます。 九星と十二支は年・月・日・時に各自ありますが、年と月が運勢には大きく関係するとされています。 生年によって定まる一が本命星、生まれた月によって定まる意味が月命星とよばれます。 この場所を使って、生まれた年月による運命についてや年月の運勢、位置の吉凶などを占うことができます。 例えば、邦楽の吉凶を知りたい時は、生年月日によって定まる法則と十二支と方位の吉凶を知りたい日の九星と十二支をもとにしてパターンの吉凶を占います。 自分の本命星を知るには誕生日から割り出すことができます。 基本的に伝わるものの多くは、早見表などを使って調べることで簡単にできます。 本命星を確認する際の注意点としては、九星気学では、元旦で年が変わらずに2月4日前後にある立春で年が変わるとされています。 無料でもあるためそのため調べ方は、相性は立春より前の1月1日から2月3日頃に生まれて人の場合は、前の年の本命星が適用されることになります。

中国では九星気学を別名称で呼んでいます

一般的にこの状態とは、一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星の9つです。 しかし、中国占術においての九星気学では、多岐にわたっているため他のタイプと区別する際には、紫白九星と呼ぶことがあります。 各場所にはそれぞれ象徴するものがあります。 それぞれに方位、季節、時刻が決まっています。 基本の循環にはいくつかの説がありますが、年月の意味は循環のさせ方があります。 年は180年をひとつの周期として調べ方も考えられています。 180年の最初の干支は甲子です。 干支の周期である60年がひとつのくくりとなり、上元・中元・下元とわけられています。 現在に一番近い上元は1864年から始まっています。 上元の甲子の年を一白と考え、九紫、八白と星につけられた数字が減っていきます。 この数が減っていく循環のさせ方が隠遁と呼ばれています。 月の所謂、循環のさせ方では、上元甲子年の九星術においての正月である丙寅月を八白として隠遁させていきます。 1年は12ヶ月で12と9の最小公倍数である36であるため、月の流れの循環の周期は3年をひとつの周期としています。 九星気学とパターンの関係は、占いたい対象とする日の年盤・月盤・日盤の定位盤を各ケースに対応させます。 そこに本命星の相性をもちいて吉凶を判断していきます。 過去の考え方には、六大凶方とされる凶方位があります。 六大凶方とは、暗剣殺、五黄殺、本命殺、本命的殺、歳破、月破です。 無料の物は生年月日によってこの六大凶方に小児殺を合わせて七大凶方とも呼ばれます。

九星気学は個人別に吉凶の方位があります

このうち、その年の五黄土星がある場所の反対側の指すの暗剣殺、生年月日やその年の五黄土星のある方位の五黄殺、その年の十二支の反対側の位置の歳破、その月の十二支の反対側の現状の月破は、全ての人に対して凶方位になるとされています。 九星気学の中でも、五黄殺は大凶方位になるため、移転や引越しなどでこの方位を用いると凶の作用を受けると言われています。 また、暗殺剣は、五黄土星が中央にある場合は存在しないとされています。 また、個人別にも吉凶の場合があります。 相性は吉方位には、本命星による相生・比和の関係から調べ方は無料でも割り出すことができます。 凶方位の場合は、本命星の相克の関係から割り出すことができます。 それぞれ九星気学の本命星によって吉方位も凶方位も変わってきます。 本命星から割り出した凶方位に全ての人の凶方位である暗剣殺、五黄殺、歳破、月破も加わります。

家相の吉凶方位も占うことが出来る九星気学

九星気学をもちいて家相を生年月日で占うこともできます。 占いでは、家も風水などの影響を受けると考えられています。 欠けや張り、九星気学の距離の間取りなどからその家で起こりうる現象を調べ方で判断していきます。 どの家にも吉相と凶相は存在します。 その作用が始まるのは早くて5年ですが通常は10年程度経過してからだと言われています。 相性もまた、各方位には、流れが割り当てられているためそれぞれに意味があります。 そこで起きる事柄は象意と呼ばれています。 例えば、北に欠けもなく吉相であればその象意は吉になります。 逆に北に欠けがある場合はその象意が凶の意味に転じます。 このように象意の吉凶は家相の吉凶によって意味が反対になることがあります。 周期を元に毎日こまめに占うことで、吉とされる向きを割り出しその方向に行くことで良いことが起こったりします。 反対に凶とでた配置には近づかないようにして災悪から逃れるなど、無料でも自分自身の生活に取り入れていくことで良い方向に未来を切り開いていくことができます。

未来 スマホ 伝統 模様替え アクセサリー

このページの先頭へ